フラについて

フラとは古代ハワイのポリネシア系先住民の間で踊られていました。神話や伝説をモチーフにした詩や歌を下半身でリズムをとりながら、上半身の動きで言葉を表現するのが基本です。文字をもたなかったハワイ人にとって、フラは自然に対する畏敬の念を後世に伝える言葉の役割も持っており、フラを踊るということは体を使いハワイの文化や考え方を表現し、伝えていくということ。フラとはハワイ語で踊りと言う意味です。

Kumuhula Kawika Alfiche

フラの人間国宝故ジョージナオペ、故レイフォンセカの由緒正しい指導のもと修行を終え、アメリカ本土、世界中に生徒を持つ素晴らしいクムフラです。

Hula Kahiko (古典フラ)

フラには二つのスタイルがあり、フラ本来の様式を引き継ぐ古典フラ(カヒコ)とゆったりとしたハワイアンミュージックをバックにドレスやムームーを着て踊る現代フラ(アウアナ)があります。
カヒコは打楽器を叩きながら詩を詠い、ダンサーは厳粛な踊りを披露します。

Hula Auana(現代フラ)

フラ・アウアナは18世紀に宣教師によって禁じられ19世紀末、カラカウア王の時代に復活した時に新しいスタイルとして誕生しました。西洋の旋律にのって美しく優雅に踊るのが特徴です。

Aloha

ハワイ語で「こんにちは」、「さようなら」といった挨拶の言葉として馴染み深いですが、本来の意味は「愛」「慈しみ」「信用」などで相手に深い理解を伴う心の状態を表します。Akahai(優しさ)Lokahi(調和)Olu'olu(快さ)Ha'aha'a(謙虚さ)Ahonui(忍耐)の頭文字をとりALOHAと定義している。
フラはこのALOHAが基本でありすべてであり、言葉で表現できないALOHAをフラでは体験できます。

powered by crayon(クレヨン)